“PULSE”

H440mm×W210mm×210mm /2017/Stone Clay and Mixed Media

[ rubato ]

“PULSE”シリーズとして最初に作った作品です。
今回はカラダの内側に脈打つビート、”PULSE”をイメージして制作しました。

日々の中のいろいろな出来事に気持ちが刺激されて、自分自身からもいろいろな感情が巻き起こったりしますが、そんな中でも自分らしい”PULSE”を見失なわないでいられる時は、けっこう幸せな”PULSE”に満たされていたりするのかもしれない。と感じたりします。

この作品では、そういった外的な事に、繊細で複雑で多様な心の動き・パルスが日々生まれて反応しながらも、rubato=自由にテンポを加減しつつ、突き動かされ生き続けるそして、自分らしい幸せを感じている、いのちの姿のようです。

H360mm×W320mm×200mm /2017/Stone Clay and Mixed Media

[ tenuto ]

たとえば、魅力的であると感じてもらいたい、また好意を感じる瞬間などには、不安と期待の入り混じるなんとも言えない感情が起こります。そういった”PULSE”はわがまま、というかとても利己的だったり。

まるで tenuto=音の長さを十分保つかのように、自分勝手にうっとりとしていたり時に激しかったりですが、そんな姿も魅力的で生命感があり、愛おしく感じてしまいます。

H520mm×W230mm×220mm /2017/Stone Clay and Mixed Media

[ legg. ]

日々の中で出会う、ひとつひとつの瞬間を、ゆっくり丁寧に感じながら進むと、ほっとする”PULSE”がカラダの隅々まで響くような気分になります。

legg. =軽く優美に、ふわりとまた瞬間、瞬間を生き続ける。伸びやかに進み続ける。
そういった命のPLUSEをイメージしました。

H410mm×W230mm×200mm /2017/Stone Clay and Mixed Media

[ divoto ]

何かへの、また自分という存在を許されている事への、深い感謝の気持ち、謙遜する気持ち。
そういった、心の内に秘めた、力強く優しいパルスが響き、
溢れ出している姿にしたいと感じました。
divoto=信心深い、忠実な、愛情深い、そんな音色が聞こえてきそうです。

H210mm×W380mm×230mm /2017/Stone Clay and Mixed Media

[ giocoso ]

川の水が、なにかの影響で飛び散ったり、うねったり、それでも流れ続けたり
そういった自然界のみずみずしさに、心がワクワクします。
まるで、giocoso=おどけて、滑稽に、踊るように。
とどまることなく内側から湧き出すパルス、生き続ける姿をイメージしました。

Yuco Maruo|丸尾結子 のその他の作品なども
こちらでご覧いただけます。

Yuco Maruo official site  http://yucomaruo.jp/